ゼロクラウンのステアリングは若干の加工が必要です。

グラインダーでガシガシ削ってやるだけ。

エアバック撤去

加工後の写真しかなくて申し訳ないです・・・・

削る部分は全部で4箇所(2点×左右)。

正直、あまりやりたくないと思う場所でしたけど、いざやってみれば、結構簡単なものでした。

 

ハンドル加工 上側まず、一番長い「突起」は、短く削ってやります。じゃないとエアバックに干渉しますんで。

突起のすぐ下にあるエアバックを支える部分(トルクスねじの付いてるトコ)とツライチになるまで削ります。

写真だと削り過ぎに見えますね(笑)

ハンドル加工 下側次に、ハンドルとハンドル裏のカバーとを固定するための爪引っ掛け部分を、純正同様の形まで削ります。「ココは削ってくださいね〜」って感じの出っ張りになってるのよね♪

施工前に両方を見比べたら、すぐわかりました。

あとは左右ともこの作業を繰り返すだけ。

急いでやったので削り方が汚いんですけど、見えない場所なんで・・・・・・

ゼロクラウン ハンドル

あえて一番色目が違って見える写真を載せました。

実際の色はそんなに気になりませんし、シフトノブに合わせた感じがすんげー気に入ってます♪

さらりとした本皮の「手触り」が素晴らすぃ〜

交換に要した時間は1時間程でした。加工してみると、割とあっけない作業なんですけど、コレを最初にやってみようと思えることが凄いですよね!

ヤス○ンさん 

いろいろ親切丁寧に教えていただきましてありがとうございました!