東名から東海環状自動車道へ乗換。

すると、合流と同時に200系が通過して行った!

すかさずフルアクセル!!・・・・

通過していったのは、オイラと同色車。こりゃ追いつくしかないっしょ!なんかオーラを感じたし♪

フル加速して追いつくと、案の定バリバリのカスタム車!ホイール変えてローダウン。リアアンダーミラーもエンブレムも潔く取っ払ってる〜!やはり私の直感は確かだった!(高速走行中でも常に分析してるので、だいぶ目が慣れてきました。もうすぐ目をつぶって訓練しまぁ〜す♪んなワケない!)

「キマってますね〜!」と視線を送りつつ、横を通り過ぎる。コチラに気付いたかどうかはわかんないけど、その後は抜いたり抜き返したり。しばらく走ると、片側1車線になり、いつのまにかボクがだいぶ先行してしまう。もう追いついてはこないかな?一言お礼言っとこっ。

「いや〜ナイスカスタム!参考になったし、暇つぶしにもなったよ。ありがとネ♪」。

楽しいひと時も終わり、我に返る。「あれ、ちょっと待てよ?」。気付けば可児のインターを通過。「おかしいな?なんでオレ1車線の道を走ってんだろ?」。アタシは中央道へ向かってるはず。「確か1車線になるのって、中央道の土岐JCTを越えてからだったよな〜?」

ガーン!曲がり忘れてんじゃ〜ん!

あ〜あ、やっちゃった♪ランデブーに夢中になりすぎ〜(笑)。くっそー、カーナビが案内してくれない道路だから油断しっとたわ。次回必ず地図更新したるで〜!

どうしよう?この道の1車線区間はちゃんとした中央分離帯も無いから、思いきって対向車線にUターンしちゃおっかな?免許取りたての頃、ひたすらサイドブレーキターンを練習したことやし。しかしながら、200系のブレーキレバーの位置でターンは可能なんだろうか?ん〜やっぱし体勢的に無理そうだからやめとこっ♪(100系の時だったらやってたかも?笑)。次の美濃加茂インターでキチンと降りてUターンすることにしました!(フフフッ、それが常識というものなのだよ、びいず君♪)。

若干のタイムロスをしながらも、ダブダブさんに教えてもらったとおり、恵那から下道に。クルマはたくさん走ってたけど、全然混む様子も無く、気持ちイイ秋の風を感じながら、付知峡へと向かうことが出来ました。

付知に着いてみると、それはそれは信じ難い光景が待っておりました。

<まだまだ続く>