ドアパネル外し以前は音響関係は全くわからなかったので、

全部クルマ屋さんにお任せ状態でしたが・・・・

施工してあるモノを見れば、なんとかなるものです。

スピーカーを交換していたので、乗換に合わせて今回は自分で付け替えようと決めました。知識はありませんが、配線だって、繋いである色さえわかれば自分で出来るわけですからね。

スピーカー交換

というわけで、純正のリベットをニッパーで破壊し、

スピーカー配線を少し剥いてつなぎ替え、交換完了。

自分でもやればできるもんだな〜。

クルマ素人なので、これだけでも満足だったりします(笑)

ご存知の人もいるかと思いますが、実は1号機で施工していた簡易デッドニングなんですけど、残念ながら剥がれてしまうというトラブルが。そこで今回はデッドニングは後回し。

トヨタテックス大阪さんの「ハイエース ドアチューニングベースキット」のほうを貼ることに。

ブレーキクリーナー

必ず用意しなければいけないのが、ブレーキクリーナー。

キッチリと脱脂してやらなければ、剥がれてくる可能性がありますので。

同じ経験はしたくないですからネ。

 

制振キット 貼付

こんな感じの黒いゴムみたいな「制振シート」を、脱脂したドア全体に貼っていきます。かなりの枚数です。手が届きにくくて大変な場所もありました。

そして白いほうの「制振テープ」を、鉄板と鉄板のつなぎ目に差し込みます。干渉して音がビビる可能性がある場所ですかね。

 

制振キット

施工後。

ドア内張りパネル側にも貼ってあります。

こんだけやってあれば、さすがに効果はありそうです。

 

施工後の感想は・・・・

ドアの開け閉めの際のビビリ感は、改善された気がしますね。自分は感覚が鈍いので、微妙な違いには気付きにくいのですが、同じ200系乗りの人に開け閉めしてもらったら、「やっぱ違うね」と言ってもらえました。

肝心の音響はというと、かなりイイ感じになってます。チューニングキット単体で考えるのは難しいのですが、確実に効果は出ているでしょう。大音量にしても、ドアがスピーカーの振動に耐えられなくなるような感じは全くありません。これ単体だけでも、外への音漏れはだいぶ無くなってくれました。なので、もうデッドニングは、しなくても大丈夫なレベルだと判断。

コイツはやっといて良かった!大変だったけど、すんごい報われた気がします。

随分前にやったネタなのですが、すっかり出すの忘れておりました(笑)